無農薬野菜が日本を元気にする

無農薬野菜で日本を、子どもたちを元気に

コールラビをご存知ですか?

f:id:plusnight:20181018135745j:plain
コールラビ、胃腸にいいんです!

僕の友だちが、今回の野菜宅配で「コールラビ」を初めて知りました! と

言っていました。最近はスーパーにも登場してますが、まだ馴染みがないで

しょうかね!? 実は僕も昨年、グーグルで検索したばかりですよ~

※見た目も名前もあまりなじみのない野菜、コールラビ。名前はドイツ語由来で、
「コール」はキャベツ、「ラビ」はカブを意味します。その名前の通りキャベツや
カブと同じアブラナ科の野菜で、原産地は地中海沿岸地方。
ヨーロッパではスープや煮込み料理など、ふだんの食卓に欠かせない野菜です。

コールラビは、イギリスのグルメ雑誌が選ぶ「世界のレストラン50」で首位に
輝いたデンマークの名店「noma(ノーマ)」のメニューにも登場しています。
丸い部分の中身をくり抜いて器にし、そのなかにコールラビの花の蜜を使った
食前酒を詰めた「コールラビ・イン・コールラビ」という芸術的な料理を、映画
『ノーマ、世界を変える料理』(2016年公開)の中で観ることができます。

コールラビはビタミンCが多く含まれ、しかも加熱しても壊れにくいと言われています。
ぜひいろいろな料理にプラスして摂取したい野菜ですね。
食べ方にちょっと悩んでしまいますが、見た目のインパクトに反して、味も香りも
クセがなくシンプル。ほんのりと甘みがあり、キャベツの芯やブロッコリーの茎の
部分によく似ています。ほかの食材の邪魔をしないので、いろいろな調理に利用できます。

さて、どうしても気になるのが、コールラビのあのカタチ。球の部分は根っこではなく、
「球茎(きゅうけい)」と呼ばれる茎です。一部だけが丸く太るので、宙に浮かんだ
ような不思議なビジュアルになります。なぜこんな形になったかは不明ですが、もともと
アブラナ科野菜は、葉が巻いてボール型になるキャベツ、茎に小さな球がたくさんつく
芽キャベツ、花が咲く前の蕾のかたまりを食べるブロッコリーやカリフラワーなど、
種類によって千差万別。コールラビは特に形がユニークなことから、キッチンガーデンや
花壇のアクセントとして育てる人も多いようです。


シズカゲルf:id:plusnight:20181018141505j:plain

変な形してますが、



僕の友だちのお弁当に「コールラビ」が入りました!

※🍱今日のお弁当🍱
⭐胃腸薬に使われているお野菜✨知ってますか?⭐

今日のお弁当の主役
🍴コールラビ❤シャキシャキ柚子こしょうマヨサラ

コールラビ
は初めてこの野菜を知りました。
写真2枚目の可愛い野菜💕

キャベツの仲間ですが、
名前の由来はかぶにも似てるのでドイツ語で
コール(キャベツ)+ラビ(かぶ)
でその名前がついたそうです。

ビタミンC、ビタミンU、カリウムが豊富で
胃の悪い方や、高血圧の方に良い野菜です。

胃腸薬にも入ってるらしく😊

加熱しても栄養価はこわれません。


f:id:plusnight:20181018142215j:plain
今日のお弁当

 
コールラビ」を食べたら元気になりそうですよ~



エクスレッグスリマー




f:id:plusnight:20181018142306j:plain
シャキシャキ感がいいんです!



今が旬の野菜を食べましょう! あなたの身体が、それを望んでますよ~